キューバシャツ(グアジャベラ)とは?おすすめの着こなしもご紹介!

アレックス
アレックス

グアジャベラ(キューバシャツ)ってそもそもなんなの?

今年はキューシャツをコーデに取り入れたいけど着こなし方がわからない。。


そんなお悩みをお持ちの方、必見です!

 

本記事の内容

  • グアジャベラ(キューバシャツ)」とはなにか?素材・デティール・デザインについて公開
  • おすすめのキューバシャツの着こなし・コーディネートを紹介
毎日キューバシャツを着ている私アレックスが、

日々愛してやまないューバシャツの起源、着こなし、デザインなどについて
広範囲にわたりどこのサイトよりも詳しく、分かりやすく紹介していきます。
ここにたどりついたあなたなら、
この記事を見たあとにキューバシャツについてもっと興味をもっていただけると思います。

是非本記事を最後まで読んでみてください。


 

1.キューバシャツ(グアジャベラ)とは?

キューバシャツコーディネート ハバナ

2021年大流行のキューバシャツ

最近ではユニクロ‐Uの2020 S/S コレクションでも発売され、まます日本国内で市民権を得るキューバシャツ。

しかしひと昔前ですと、古着屋さんに行った時にたまにヴィンテージの渋いキューバシャツを見かけたことあるな〜くらいの認識で、

なかなかキューバシャツ自体に馴染みのなかった方も多いのではないでしょうか?

そんな流れもあってキューバシャツってそもそもなんなの?
という素朴な疑問から、今年の夏こそはキューバシャツをコーディネートに取り入れたい!

おすすめな着こなしは?

と思ってる方まで、キューバシャツに関する全てのことをメキシコ在住の私アレックスがまとめていきたいと思います!

そもそもキューバシャツとは?

キューバ クラシックカー
キューバシャツとは名前の通り、キューバ発祥の伝統的な衣装として誕生しました。

起源としては、キューバのサトウキビ畑の農業従事者の為に、作業時の利便性を考慮してフロントのポケットを増やしたデザイン、
暑さを考慮し快適に過ごせるように通気性の良い麻素材を生地に採用するなど、意外にもワークウェアとしての機能性を重視してつくられました。

世界的に葉巻愛煙家達の間で大変人気があるファッションでもあります。

主にラテンアメリカで正装時に着用され、結婚式でも多くのドレスアップされた紳士達が着用されてる場面も多いです。

リゾートスタイルはもちろん、スラックスなどと合わせてカチッとしたい時にも着れる便利な一着。

現在ではキューバの他に、メキシコのユカタン半島での生産が盛んとなっています

メキシコで生産されたものはキューバシャツではなく、グアヤベラ“Guayabera ”と呼ばれています。

2.キューバシャツのデザイン・ディテール・特徴

キューバシャツの主な5つのデザインの特徴を紹介していきます!

①オープンカラー


オープンカラー
はその名前の通り、『襟 (カラー )の開いた (オープン) シャツ』のこと。
最上部のボタンがないデザインのため、首回りの締め付けがなく機能的にも涼しく快適なデザインとなってます。

オープンカラーシャツの最大の魅力はリラックス感ときちんと感の両方を兼ね備えているところ!

リゾート感を演出しながらカジュアルに着れるのはもちろんのこと、「ちょうどいい大人っぽさ」でエレガントに着こなせる一面も持ち合わせた上品なシャツです。

②前面と背面に刺繍されたスタイリッシュなピンタック

ピンタックとは、ピンのように生地を細かくつまみながら縫いつけ、直線状に縫いヒダ(タック)をつくったものです。
折山から1㎜程の大変繊細な縫製で、確かな技術が必要とされます。

直線に縫われたピンタックにより生地に立体感が出て、キューバシャツならではの独特のデザインとなっており、
一般的にはフロントの左右ポケットに1本ずつ、バックの芯に3本のピンタックが入っています。

③細かな装飾性のあるデザイン刺繍

 

フロントのピンタックの内側に贅沢に細かなデザインの刺繍が施され、
装飾的な意味合いが強く高級感にもぬかりのない仕上がりとなってる点もポイントです。

④裾についたポケット


元々農作業用の用途で作られたキューバシャツ。裾にはジャガイモや細かな道具などを入れられる収納ポケットがついているのも大きな特徴。

⑤シガーポケット


左胸にはロブストサイズの葉巻を格納出来るポケットがついています。

3.キューバシャツに使われてる主な生地

 

1.コットン

コットン素材

コットンはキューバシャツで一番多く使われてる素材です。
コットンの特徴としては、生地自体がやわらかく、手触りがとてもよい繊維。

また、天然コットンの優れた点として、吸水性、保湿性に優れてるので年間を通して着れる日本の気候にあった素材です。

洗濯の際も多少の縮みはあるものの、アイロン掛けで伸ばしてあげればシワと一緒に伸びるので、普段使いには最適な生地です。

 

2.シルク

シルク素材

シルクの特徴としては、紀元前3000年頃から生産されていた非常に歴史のある素材。

天然繊維の成分が、人間の皮膚と同じタンパク質(アミノ酸)から構成されていることから第二の肌とも言われ、人間の肌ととても相性がよく触り心地もよいやわらかな素材です。

シルクはその美しさのみならず機能面でもとても優秀で、
吸水性は綿の1.3~1.5倍程あり、さらに保温性・通気性にも優れた繊維で、軽やかさとしなやかな特性を持ちながら、生地自体が呼吸しているため冬は暖かく、夏は涼しく温度を調節してくれるので季節問わず1年中快適に着ることが出来ます。

その外にも静電気を起しにくい為、ホコリなどもつきづらい素材です。
また紫外線カット率は90%前後と、実は極めて高いUVカット率もあるんです。

これらの高い機能性と美しさを兼ね備えていることからシルクは『繊維の女王』とも呼ばれています。

高級素材のイメージが強いシルク製品ですが、洗濯の時が心配。。とお悩みの方も安心してください。
実はシルクシャツも自宅で簡単に洗濯できるんです。

一度着れば他のキューバシャツは着れないくらいなめらかで肌ざわりのよい生地なので、一着持っておくのもいいかもしれません。

シルクのキューバシャツは日本国内ではVAMOS MEXICOしか取り扱いがありません。
気になる方は一度お問合せください。

シルクキューバシャツ 白 ポケット

3.リネン

リネン素材

リネンは天然の亜麻を使用した生地で、60㎝程の小さな植物の茎から採取できる繊維です。

最初にリネンシャツの注意点として、繊維の目が粗いため、リネン100%であるとサイズが5%程縮む場合があります。
またシワになりやすいという特性もあります。

そういった手間もあるのですが、その分機能性も非常に高いです。
繊維はコットンの4倍もの強度を持っており肌触りがやわらかいのにとても丈夫な生地。

また、吸湿や発散も他繊維に比べ非常に優れているのが特徴。
肌に張り付かず、菌も繁殖しにくいのでまさに夏の暑い時期に快適に過ごせるシャツです。

また、汚れの落ちやすさにも定評があり、繊維の中に汚れをはじきやすいペクチンが含まれているので普段落ちにく襟まわりの汚れも通常の洗濯だけで簡単に落ちやすいんです。

クリーニングに出さなくても自宅の洗濯機でも洗えるのもうれしいポイント!
洗濯機で洗う場合は裏返しにしてネットに入れて洗うのがおすすめです。

汚れが落ちやすいため洗濯の時間は短めでも大丈夫です。そして乾くのも早いです!
そういった点からリネンシャツは毎日の生活の中で気兼ねなく着れる優れた素材です。

リネンは一度収穫すると5年から7年はその場で収穫できないため、キューバシャツの中では最も高価な生地として知られています。
春夏のアイテムなので、3月〜9月ころの暖かい時期に是非サラっと着て快適な着心地をお楽しみください。

リネンキューバシャツ 半袖 白 ホワイト 刺繍 テキスタイル

5.まとめ

今年の夏こそトレンドのキューバシャツを着こなそう!

今回は今年の春夏に注目のキューバシャツについて広くご紹介しました。

起源、デザイン、コーディネートなどの話を交えながらご紹介したので参考になれば幸いです。
VAMOS MEXICOではデザイン・機能性に力を入れたメキシコ製のオリジナルキューバシャツ

【ガシガシ洗えてすぐに乾く】アイロンいらずで毎日着られるキューバシャツをオンラインで販売中です。
【ガシガシ洗えてすぐに乾く】アイロンいらずで毎日着られるキューバシャツ

  1. 【お手入れ簡単なノンアイロン生地】
    洗濯後ハンガーに干すだけ。毎日のアイロン掛けの時間を削減

  2. 【乾きやすい生地ですぐに着れる】
    抜群に通気性のよい生地のため干してから着るまでの時間短縮に

  3. 日本人体型に合わせて改良。丈を詰めてワイドを広くしたサイズ感で耐久性もバツグン

クラウドファンディングサイトMakuakeでは目標の300%、2週間で100着以上売れた大人気商品です。
枚数は限られていますが、下記にVAMOS MEXICOオンラインショップのリンクを貼ったので興味のある方は見てみてください。

インスタではメキシコ生活の日常を紹介をしてるのでよかったらフォローお願いします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。