【元在住者が教える】日本人のほとんがが知らないメキシコの穴場リゾート地『マサトラン』

マサトランについて

今回ご紹介するのはメキシコ屈指のリゾート地『マサトラン』!

マサトラン??

と思われた方も多いはず。

それもそのはず。

おそらくほとんどの方がご存じないのではないでしょうか。

かなり日本ではマイナーなスポットですが、メキシコでは屈指のリゾート地として有名な場所です。

メキシコ旅行を検討されてる方、特に海辺の静かなリゾート地が気になってる方には特におすすめです!

 

飛行機の予約はお得なKiwi.comから!

マサトランはこんなところ!

マサトランはシナロア州と言われる太平洋に面した位置にある海辺の観光都市です。

マサトランとはナワトル語で鹿の住む地を意味しており、昔はたくさん鹿がいたそうでが、今ではいなく私も一匹も見たことがないです。

しかしそのなごりがあり、先住民の子孫の方たちが鹿をモチーフにした帽子をかぶって鹿の動きを表現したダンスを見たりすることができます。

またマサトランは海に面した街の他に、メキシコでも大きな商港都市としての顔もあり港としても栄えてます。

また世界各地からとんでもない大きさのクルーズ船も頻繁に寄港していて、週末はたくさんの観光客であふれています。

近年ではその観光資源の豊かさから海沿いにたくさんのホテルが建設され今後さらなるリゾート地として注目されています。

海沿いには腰をかけるのにちょうどいい高さの石造りの堤防のようなものがあり、夕暮れ頃になるとそこに地元の人が集まってきてビールを飲みながら海辺のサンセットを見たりして楽しんでいます。

アレックスのお気に入りの場所。

ここが本当にきれいなんですね~海沿いにはたくさんのレストランもあるのでそこで食事をしながらアミーゴたちと夕日を見るのがおすすめです。

ソナドラダ

マサトラン観光の定番中の定番ソナドラダ!

ここはマサトランに訪れたほとんどの方が訪れてるスポットではないでしょうか?

マサトランの旧市街から南に車で10分ほど移動するとあるリゾートエリア、それがソナドラダです。

ここには高級ホテル、観光客向けのレストラン、マリンスポーツなどのアクティビティ、バーやライブハウスなどがあります。

比較的物価が高いエリアではあるのでローカルの人は皆無で、ほとんどが観光に来られた方です。

ショッピングモールなどもあるので、旅行で必要なものは一通り揃います。

その他にも貝殻博物館というものがあり、一階に貝殻を使ったアクセサリーや置物が置いてあり購入も可能。

本当に様々なものが置いてあるので見るだけでも楽しいですよ。

そして二階が博物館となっており貝殻の展示が見れます。

なかなか面白い所なので時間がある方は寄ってみてはいかがでしょうか。

貝殻博物館の近辺にはレストランエリアもあります。

メキシコ料理もありますし、観光客向けにステーキやピザなどメキシコ料理以外のお店もたくさんあります。

ソナドラダはマサトランのなかでも非常に管理されている場所なので海で遊びたい、マリンスポーツを楽しみたい!という方には是非お勧めですが、メキシコを楽しみたいという方には全く向いてないエリアなので、そこら辺も見極めてスケジュールを組むことをおすすめします。

また、移動はプルモニアという白いゴルフカートのようなものを使うのがマサトランでは主流なのですが、ソナドラダ付近では観光客がみんなお金払いがいいと知ってるので運賃をものすごくふっかけてきます。

なのでマサトランに滞在中はUberに登録して移動されることを強くおすすめします。

その中でもまれに変な運転手の方もいるので、評価が4.7位上の方を選んで移動されることをおすすめします。

プルモニアはいっぱい走ってるんで楽なんですが、いろいろ料金の面などでトラブルになってる様子をたまに見かけるので私個人としてはおすすめしないです。

ソナダドラダの治安自体は問題ないので他の街と比べて敏感になる必要はないですが、置き引きなどはある可能性があるので身の回りの物の管理は気をつけましょう!

旧市街


旧市街は名前の通り昔はセントロだった場所であり、今でも当時の名残りがあり古い建物や様々なお店が点在しています。

まずは旧市街の中でもあちこちで見られるコロニアル建築。


こちらは過去の歴史においてメキシコがスペインに統治されていた時代の建築様式で、主に外壁に華美な彫刻をあしらった石材を惜しげもなく全面に施しそれはそれは豪華な建物が市内のあちこちに点在しています。


現在では政府の機関で使用されていたり、お金持ちの方の家として使われていたり様々な形で残っています。


海の近くでこんな光景が見られるのはかなり珍しいのではないでしょうか。


歩いているとこんなところにもある!というくらいあるので是非散策しながら見てみてください。

カテドラル


カテドラルはメキシコでのキリスト教会のことです。

メキシコはカトリック大国なので国民の多くがカトリック教徒です。なのでこのカテドラルはメキシコ各地に多く点在したくさんあるのですが、旧市街のカテドラルがその中でも比較的大きく装飾も豪華です。

日中に行くとたくさんの人がお祈りにきています。

入口近辺ではかわいらしい十字架をモチーフにしたアクセサリーやミサンガなんかも売っているのでお土産にもいいかと思います。

マチャド


マチャドは簡単に言うとみんなの広場みたいな所です。


個人的にマサトランで一番好きな所です。


滞在中は毎日マチャドに行って太陽の日を浴びながら読書をしていました。

本当にお気に入りの場所です。

ここにはなにがあるかと言うと、周囲がものすごくおしゃれなレストランで囲まれており、その中に広場があるイメージです。


その広場の中央にはダンスが踊れるステージがあり、フェリアの時はマリアッチが歌ったりいろいな催し物に使用されます。


日中は近所の方々がベンチでひなたぼっこしに来たり、おしゃれなレストランのテラス席でご飯を食べたりしていてとてもなごやかな雰囲気で、そうゆう感じもお気に入りポイントの一つです。


日も落ちてきて夕暮れ時にもなるとこれまた絵になる風景が見れてすごくロマンチックな雰囲気になります。


夕方くらいから一気に人が増えてにぎわってきます。


それに伴いアクセサリーやおみやげ物などを販売する屋台も出て来たり、大道芸人やダンサー、流しの音楽家の方などほんとうにたくさんの人が集まります。


夜はそんなにぎやかな中レストランのテラス席で食事をしたりしてゆったりと過ごすのがおすすめです。


一日海の方を散策しアクティビティを楽しみ夕日を見て、そのあとにマチャドに来てゆっくり過ごすコースがおすすめです。

マサトランのおすすめレストラン

マサトランでとてもおすすめのタコス屋をご紹介します!

マサトランに来た際は是非立ち寄ってみてください!

注意 お客さんであふれてるかもしれないので並ぶ可能性大です。メキシコでも日本のラーメン屋みたいに行列待ちがあります。時間に余裕を持って挑みましょう!それでは紹介していきます!

La taquiza del chef

名前の通り、シェフが作るタコス屋です店内はメキシコらしいカラフルな内装で、椅子や机、食器などデザインも凝っていてとてもかわいい店内です。

やはりここもインフラが弱いのでタクシーやプルモニア(現地人も使うカート型のタクシー)で行くのが良いでしょう。

ちなみに店内はサービスがいいのかいつも過剰にクーラーが効いてるので、寒がりな方は要注意です。

店内メニューでおすすめはチチャロンですね!

ここのタコス屋のチチャロンは脂身がすごくてとてもジューシーなんです!
ケサディーヤと呼ばれるトルティーヤの中にチーズを入れても頼めるのでこちらもおすすめです。

メキシコのチーズは本当に濃厚でおいしいんです。

現地ではチーズの値段も日本と比べてもかなり安いので、そのせいもあってかケサディーヤを注文したら中にチーズをたっぷり入れてくれます。本当に至福の時ですね。

すごくおいしいんです。

その他にもトッピングも自分で選べて、机の上にメキシコらしいかわいいプレートに乗ったトッピングの中からも選べます。

その中にはサルサの一種であるワカモレ、こちらはアボカドベースのソースでコクがあっておすすめです!その他にもタマネギ、トマト、パクチーなどがあります。

メキシコではタコスにパクチーを入れるのが定番です。
日本では好き嫌いがかなり分かれるパクチーですが、私はパクチーが大好きなので大量にタコスの中に投入。

チチャロン、トマト、ワカモレ、タマネギ、パクチー、そして最後にサルサソースをちょっとかけてみる。うーん、控えめに言ってめちゃめちゃうまい!!

本当においしいんです。

タコス。サルサソースは3種類から選ばて、それぞれ辛さの段階があるので好みに応じていろいろ試してみてください。

あとはおまけでおすすめの飲み物についてもお伝えします。

飲み物はいろいろあるのですが、私のおすすめはハマイカです。こちらはハイビスカスの花を煮出したもので、独特の酸味と甘さがあって私の大好きなジュースです。

日本ではないのではないでしょうか?タコスとハマイカ、本当においしい組みあわせです!

是非La taquiza del chefに行って試してみてください!

La Marea


ここは次に紹介するエルファロ灯台のすぐ近くにある、山の頂上にあるレストランです。

マサトランの海を一望出来るスポットなので、テラス席で海を眺めながらの朝食ブッフェが最高です。

すごくのんびり出来るレストランなのでおすすめ!

エルファロ灯台

エルファロ灯台はマサトランでも標高の高い山頂部に位置する灯台です。

とても高い位置にあるので、山頂から見渡すオールドタウンマサトランの街並みは絶景です!是非一度訪れてみてください。

登頂までゆっくり歩いて30分くらいかかるので、スニーカー、動きやすい服装で行かれることをおすすめします。

エルファロ灯台までの行き方

ここはマサトランの観光地としても有名なので、タクシーやプルモニア(現地の方も利用するゴルフカートのような形状のタクシー)等が安いのでおすすめです。

エルファロ灯台までと伝えれば大丈夫です。

山の麓までは海沿いの道路を走って行くのですが、この途中までの景色もとても綺麗です!!

お時間のある方は少し歩かれてみると爽やかでとても気持ちのいい気分になれるのでおすすめです!

エルファロ灯台までの登山道

灯台までの登山詳細冒頭にもお伝えした通り、灯台まではゆるい坂道ではありますが30分くらいの登山になります。

スニーカーや動きやすい服装をおすすめします。登山道はそんなに広くなく、2人並んだら結構キツイです。

夕日が沈む前の時間帯は結構混むので登山道は軽く渋滞します。夕方5時〜5時半の間に登り始めると、ちょうど登頂したころに海にしずむサンセットが見れます!

途中にはかわいいネコや日向ぼっこしてるイグアナなどがいておもわず撫でたくなるものですが、あくまで野生なので触ってはダメですので要注意です。

山頂に着いたら30分ほど頑張って歩いたら山頂までいけます。

結構疲れます。そして!山頂に着いたら向かって右手の方へ進んでください。

マサトランの絶景が待っています。ここは広場のようになっていてみなさんここで景色をみながらのんびりしてます。

そして反対側に行くと海上に突き出したステージがあります。

ここは有料にはなってしまうのですが、入り口でお金を払うとステージへ行けて、ここからサンセットを見ると本当に綺麗です!

頑張ってここにきてよかったなぁと思える瞬間です。灯台については、近くで見てもなんともないので省略させていただきます。

帰り道夕日を見終わったあとはすぐに暗くなって夜になってしまいます。

一応山道には足元灯がついてるのですが、この時間帯は山歩きのトレーニングをしにくるメキシコ人が多くいるのでだんだん混んできます。

ですので夕日を見たら頃合いを見て下山しづらくなる前に出発することをおすすめします。坂道を下るので足元には気をつけてください!

私は普段ジョギング+エルファロ登山を継続的に続けているので何度も登っています。

しかし何度も登ってもキレイだなぁと思うくらいいい所です!多少疲れてもみる価値は大です!

家具の街コンコルディア

コンコルディアはマサトランから車で1時間前後に位置する家具製作で有名な街です。


マサトランからバスも出てるのでこちらを利用すると安く行けます。

ここは観光地ではないので道中はかなりローカルな旅になると思いますのでそれも味だと思って楽しんでください。

そんな感じでバスに揺られること1時間、コンコルディアに到着です!

バス亭から少し歩くと家具屋街が見えてきます。

コンコルディア自体は本当になんにもない街なのですが、メキシコの中でも木製の家具産業が有名な所でセントロの広場に行くと大きな木製の椅子などのちょっとした観光スポットもあります。

なのでどちらかというと観光というよりも質の高いいい家具を安く買いにわざわざくるような所です。

実際に行くと分かりますが、たくさんの家具屋がひしめき合う中、デザイン、つくり、価格において本当に素晴らしい品ぞろえです。

一本道の両脇にズラーっとお店があり、デザイン重視、高価格帯、庶民の味方の価格のように様々なお店があります。

私はほとんどのお店をまわりました。

その中でも一店すごい店があり、名前は忘れてしまったのですがバス亭から比較的近いお店だったかと思います。

そこは高級家具を扱っていて、ベッド、椅子、テーブルなど一式そろっているのですがそのほとんどがコロニアル建築で採用されているような格式高いメキシコらしい装飾の彫刻が施されており本当につくりこまれてる芸術品のような家具ばかりでした。

値段が気になったので店員さんに聞いた所、お城にありそうなデザインのキングサイズのベッドが日本円で8万円?くらいでした。

クラシックなデザインで日本で買ったらいくら取られるかわからないけどメキシコでならかなりありだと思います。

他には椅子ですね。

こちらもクラシックなデザインの物が多く、特に気に入ったのが木製のロッキングチェアーです。

映画に出てくるかのようなデザインで実際に座ってみた座り心地もよくいい感じでゆらゆら揺れるので本を読みながらなどかなりいいと思います。

メキシコではよく家先にこのような椅子がある家が多いのでなんだかそんな生活をみてるとついつい欲しくなってしまう物ですね。

そのほかにもモダンな物やメキシコらしいカラフルな家具等いろいろな物が揃ってるのでシナロア州近辺で住んでる方は機会があったら一度コンコルディアを訪れてみては如何でしょうか?テーブルなどの大きな物も配送に対応してるので家まで送ってくれます。

この街家具職人が作ったものを店頭で売っているので本当に安いです。

見てるだけでもメキシコの本気の家具が見れるので面白いですよ。

ピエドラ島

ピエドラ島のピエドラとはスペイン語で石を意味します。

名前の通り岩山のような景観のとても自然豊かな島です。

ソナドラダのような豪華さはなく派手さもありません。

少し行くまでが不便なのであまり観光地化はされてないのですが、その分メキシコらしいゆったりとした雰囲気が楽しめる場所です!

とてもきれいなビーチがあり人も少ないので人混みは避けてゆったりとくつろぎたい人には穴場です!

ビーチ沿いにはレストランもいくつかあるので一日のんびりと過ごしたい時なんかにとてもおすすめです。

ピエドラ島までは専用のボートに乗って移動します。

乗船場があるので、受付で40ペソを払い乗船券をもらいます。

こちらは片道ではなく往復料金になりますので注意してください。

ある程度人が集まったら出発するシステムのようで一日に何往復もしているので待ち時間はそんなにないかと思います。

島までは5分弱くらいで到着します。乗船しているのはほとんど街へ買い物に行った帰りの島民の方なのでとてもきさくに話しかけてくれます。日本人だと伝えるととても喜んでくれますよ。

ピエドラ島といったらなんと言ってもきれいなビーチです。

というかビーチしかこの島にはありません。船が到着したら陽気なタクシー運転手が何組か待っているので乗せてもらいましょう。

40ペソでビーチまで連れてってもらえます。到着したらビーチ沿いに海の家のようなレストランがいくつかあります。

お好きなレストランを選んで場所を確保しましょう。

ここではナチョスなどの軽食からステーキなどのしっかりお腹を満たしてくれるものまでそろっています。少しのんびりしたらビーチへ出てみましよう。

一面とても綺麗な海が広がっています。バナナボートなどのマリンスポーツもあります。

本当に景色がよいので、晴れた日なんかは一日中海を眺めてるだけでも癒されると思います。

あまり観光地化されてないピエドラ島ですが、マサトランを一式堪能した最後にいくとまた違った雰囲気で楽しめるスポットだと思います。

インフラが整ってなくすこし不便ではありますが、時間がある時に一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

革の街ラノリア

ラノリアはシナロア州にある街で、割と田舎です。

マサトランの旧市街から車で40分くらいの位置になります。革製品と共に生活を営んでる方が多数で、私が行った際もカウボーイスタイルのおじいちゃんが馬に乗って移動している姿を見てなんだか嬉しくなりました。

ラノリアの街を歩くこの街を回るのは難しくなく、30分もあればぐるっと一周出来ます。

街にはカトリックの教会や、街の人の憩いの広場、店先で鶏肉を焼いているレストランと和やかな光景が見れます。

ラノリアの見所といったらなんと言っても革製品です。

主にカバン、小物、サンダル、靴なんかをメインで製作してる工房が多い印象でした。そして革製品がここでは本当に安くてお得です。

革の編み上げのサンダルを購入したのですが、なんとおどろきの180ペソ。

日本円に換算すると千円するかしないかくらいです。

革ですよ?笑

しかも製品によってはサンダルの正面の部分に刻印も入れてくれます。

カタログを見せてくれるのですが、30種類くらいバリエーションがありどれも凝ったデザインで感心させられました。

工房にも入れてもらい、製作過程まで見学出来ました。

デザインにもよりますが、約2時間ほどで完成するようです。

意外と早いです。時間ももらえればスマホケースなどいろんなものにも対応して製作できるとのことです。

また、毎週日曜日には広場でフェスティバルが開かれ、ステージでマリアッチの演奏などを聴きながらタコスやケサディージャなんかも食べれたりします。

革好きな人は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

しっかりした作りにとても手頃な値段できっと満足いただける場所だと思います。

まとめ

マサトランのおすすめ観光地を中心に紹介しました。

こちらの記事に書いた場所を全てまわるには3~4日間程あれば周れます。

旧市街を中心に回るのであれば2日もあれば十分楽しめると思います。

メキシコ観光を考えてる方は是非旅程の中に組んでもらいたいおすすめのスポットです!

是非検討してみてください!