メキシコってどんな国なの?現地在住者のいすみがざっくり解説!

みなさんは太陽の国メキシコへどのようなイメージを持っていますか?

どうでしょうか、あなたが思うメキシコのイメージはおそらく、

『サボテンを背景に大きなソンブレロをかぶった陽気なヒゲのおじさんが、ギター片手にテキーラを飲んでいる!』

どうでしょうか。

なかなかいい線いっているのではないでしょうか。

しかし残念ながら、このようなイメージ像は日本で言う『ゲイシャ・ニンジャ・サムライ』のようなもので、残念ながら日常生活ではいないんです笑

ということで、今回はそんな知られざるメキシコを『文化・観光・食べ物』などいろいろなカテゴリーで紹介していきます!

メキシコってどんな国?

メキシコの広さは日本の国土の5倍の約196万平方キロメートルあり、公用語はスペイン語。

人口は約1億2千万人で世界第11位!実は日本とほとんど変わらないんですね~国土は広いのですが。

首都はメキシコシティー!

平均年齢は全人口の60%が30歳未満と超若者だらけの国。

そしてとにかく全員明るく陽気な国民性、それがメキシコです!

ざっくりと紹介してきましたが、ここからは各カテゴリーごとにメキシコ在住の私いすみが詳しく解説していきまーす!

メキシコの食べ物

メキシコ料理はサルサなどくせになる辛さが有名で、世界的にも知られている食べ物です。

日本でも最近市民権を得てきたタコスをはじめ、アボカドたっぷりのワカモレやケサディーヤなんかがあります!

メキシコではトウモロコシや豆類、チレと呼ばれる唐辛子が日常的によく食べられます。

地域にもよりますが、野菜やフルーツなどは日本よりも安く買えます!

また、メキシコのソウルフードと言っても過言ではない『タコス』も安いお店だと一個60円ほどと激安。

種類も豊富で、大定番のカルネアサダとよばれる牛肉のサイコロステーキをはさんだり、カルニータスと呼ばれる細く切った豚肉をはさんだタコスだったり、なんでもトルティーヤにはさめばそれはもうタコスです。

中には変わり種のこんなタコスも。

こちらはイモムシの唐揚げをはさんだタコス。

見た目の割に川エビの唐揚げみたいな感じでおいしいんです!

メキシコではサボテンもよく食べます!

健康にもよくておすすめです。

なかなか癖のある味ですが健康にはとてもいいんです!

スーパーフードとしても注目されているサボテンの秘密についてはこちらの記事でまとめています↓

そして忘れてはいけないテキーラ!

メキシコにはテキーラ村と呼ばれる場所があり、テキーラ村近辺で蒸留されたものだけが正式にテキーラと呼ばれています。

なのでテキーラを名乗るためには実はかなり狭き門なんですね。

日本では罰ゲーム感がハンパないテキーラですが、メキシコのテキーラは種類が多く飲み口があっさりしてて飲みやすくさっぱりとした銘柄もたくさんあります!

メキシコならではの食文化は見ても食べてもおいしいものばかりです!

そして実はメキシコでもお米はよく食べられています。

メキシカンライスと呼ばれ、タコスの付け合わせとしてよく出てきます。

日本と比べて少し長細い形状をしていて少し硬い触感が特徴です!

メキシコで人気のスポーツ

メキシコは実はスポーツ大国!

標高が高いため世界各地から高地トレーニング・合宿を行うためにアスリート達がメキシコへ訪れます。

メキシコ国内で盛んなスポーツは3つあり、サッカー、プロレス(ルチャリブレ)、ボクシングが国民的スポーツとして特に有名です。

日本でもルチャリブレの人気は高く、そのストーリー性のある展開がエンターテイメントとして高く評価されています。

主にメキシコシティ・カンクンで試合を見ることができます。

メキシコに訪れた際は是非観戦してみてください!

メキシコの文化・お祭り

メキシコはどこへ行っても一年中陽気なラテン音楽が流れています。

観光地では、セントロと呼ばれる市内の中心地へ行けば大きなソンブレロをかぶってギターを弾いて熱く歌っているマリアッチと呼ばれるバンドの音楽を楽しむことができます。

メキシコの有名なお祭りといえば独立記念日、死者の日は外せないでしょう。

メキシコは元々スペインの植民地としての歴史があり、9月16日はスペインから独立した記念日として制定されています。

日付が記念日に変わる瞬間を国民全員で祝うため、夜中の0時前から各地域の広場にたくさんの方が集まりショーを見たり歌ったりしてお祝いをします。

日付が変わる瞬間が一番熱気がすごく、Viva Mexico!!と叫び独立記念日を称えます。

真夜中にも拘わらずものすごい盛り上がりを見せるメキシコの独立記念日。機会があれば是非参加してみてください。

また、日本でも有名な死者の日は11月1日・2日に行われます。

メキシコではこの日になると亡くなった家族が戻ってくると考えられており、しんみりとした空気ではなく歌ったり踊ったり食べたりお酒を飲んだりしながら盛大におもてなしをして楽しむのも特徴です。

お墓はたくさんの花で飾られとても賑やかな雰囲気です。

メキシコらしい伝統行事は必見です!

死者の日についてまとめた記事はこちらから↓

 

メキシコの観光地

メキシコは世界でも有数の観光地がある国でもあります。

マヤ文明やアステカ文明などの古代文明時に建てられた遺跡は時を経た今も訪れることができ、有名な海辺のリゾート地としてカンクンやアカプルコなども世界中から多くの観光客が訪れる場所です。

日本でも有名なメキシコの観光地として、ユカタン半島にあるチチェン・イッツァ、町全体が宝石箱をひっくり返したような街として表現されるグアナファトなどがあります。

カラフルなイメージのあるメキシコですが、それ以外にも豊かな自然、壮大なスペイン建築の教会、

おいしい食べ物等がたくさんある国なので一度は訪れる価値のある国です!

言語

メキシコって公用語はメキシコ語なの?という話をよく聞きますが、そのような言葉はありません笑

メキシコでは主にスペイン語が標準的に使用されています。これは歴史的にスペインに侵略されていた時代が長かったためで、今でもメキシコ国内ではスペイン語が幅広く使われています。

それ以外にも、北部の方のアメリカと隣接されている州に行くと英語が普通に通じたりするエリアもあります。

また、メキシコでは多くの先住民の方が生活しており、有名な先住民言語だとマヤ語、ナワトル語などを話される方も多くいらっしゃいます。

経済

メキシコは経済大国のアメリカに隣接する場所柄、近年ではアメリカ向けに自動車等を輸出する製造大国となっています。

2017年前後でトヨタなどの大手自動車メーカーが進出し現在では多くの日本人駐在員の方がメキシコに居住し仕事をされています。

その中でもグアナファト、サンルイスポトシ、アグアスカリエンテス、ケレタロ、ハリスコ等の地域はバヒオ地区とよばれ日本の自動車産業を中心に目覚ましい発展を遂げています!

その他にメキシコは世界でも有数の資源大国でもあり、石油や銀など豊富な資源を有しています。

特に銀に関しては世界で№1の採掘量を誇ります。

農業も盛んで、さとうきびやとうもろこしも多く栽培され、チアパスなどのコーヒーも有名です。

日本への輸出も盛んで、アボカドなども多く日本の台所へ届けられています。

コロナビールやテキーラなども多く輸出され、最近ではメキシコの物も生活の一部に溶け込む程身近なものになっているんです!

コロナビール以外にもテカテやドスエキスなど日本ではあまり見かけない珍しいビールもあるんです。


★世界で人気のメキシコメジャービールセット★メキシコのビール飲み比べ12本セット(コロナ3本・テカテ3本ドスエキスラガー・アンバー各3本)

メキシコの治安

危ない危ないと噂のメキシコ。

実際はどうなんでしょうか?実際にメキシコに住んでみて感じた治安情報をまとめてみました!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

ざっくりメキシコのことをまとめてみました!

他に気になることがあれば是非メッセージでおしえてください(^^♪

インスタグラムもやってるのでメキシコ好きな方は是非フォローお願いします!