メキシコでの部屋探し、家賃相場、入居時時の注意点について紹介

メキシコで家探しってなんだか難しそう。スペイン語のハードルも高そう。。

とお悩みの方、必見です!

☑本記事の内容
・メキシコでの部屋探しの手段、注意点について紹介
・入居前に確認したいことを実体験を元に公開!

メキシコでの新生活を送るにあたって最初におさえておきたいのが家探し。

海外生活が初めてという方にとっては最初の手続き等は大変ではありますが、メリットとしてメキシコは賃料が安く、日本ではなかなか高くて住めない間取りの広い家、庭のあるおうちでBBQが出来るなどが可能な点も魅力的なポイントです!

日本で家探しの方法といえば、賃貸物件に特化した検索アプリや賃貸情報雑誌などがたくさんあるので比較的便利でサクサク調べられると思いますが、メキシコでいざ同じことをやろうと思うと言語の壁などもありなかなかハードルが高いと思う方も多いのではないでしょうか。

この記事を見ることにより、メキシコでいざ家探しをする時にどこから情報を取りにいけばいいのかよくわからない!という方に向けて物件の探し方、オンラインでの物件検索サイトについて紹介していきます!

メキシコでの部屋探しの手段

メキシコでは日本と同様いくつかの賃貸物件を探す方法があるので、一つずつご紹介していきます

1、歩いて探す

近年ネットから賃貸物件が検索出来るサイトも増えてきていますが、まだまだ掲載に載ってこないような物件が多くせっかく安くていい物件があるのみ見落としてしまう、といったことがよくあるのが実態です。

候補の物件の近くにはグーグルマップにも出てこないようなおいしいレストランやいいお店も多くあったりするので実際の住みたい地域に言って周辺を歩いて探すのもメキシコではおすすめです。

実際に現地に赴き、見たり歩いてみたりすることで周囲の雰囲気や治安などの様子もわかると思います

その中でRENTA(レンタ)と書かれてる家が結構あったりするので、そこに記載されている電話番号に直接掛けて連絡を取ると意外と家賃が安かったりすることもあるので選択肢の中に入れるのもいいでしょう。一番おすすめの方法です。
レンタと書かれてる家が結構あったりするので、そこに記載されている電話番号に直接掛けて連絡を取ると意外と家賃が安かったりすることもあるので選択肢の中に入れるのもいいでしょう。一番おすすめの方法です。

2、インターネットで検索する

日本と同様メキシコでもネットで賃貸物件を検索することができます。
有名なのがViva anuncioなどの賃貸物件検索です。
サイトで検索することにより地域での賃貸相場などを知ることが出来ます。
ただ、掲載されてる写真などだけでは実態がわからないことも多いので気になる物件があったら実際に詳細を問い合わせてみましょう。
メキシコ人の方が物件を探す時によく使っている検索サイトのリンクを3つ張っておきますので、相場の比較などで使えると思うのでよかったら見てみてください!

Segunda mano 

Viva anuncio 

Comparto depa 

3.エアビーアンドビー

日本でも有名なエアビーアンドビー。
短期滞在はもちろん、賃貸物件を探すまでのつなぎとして実際に住んでみることにより、雰囲気や治安、利便性などを知りたい時などに使えます。家具付き、Wi-Fiなどもすでについている場合が多いのでじっくり考えてから家を決めてみたい方におすすめです。
ただ懸念点として、やはり価格は近隣の相場と比べて高めに設定されてることがあります。
たまに良心的な感じで格安の物件も出てたりするので定期気にチェックするのもありです。

4.不動産屋

メキシコにも不動産会社はありますが、一般的に扱っている物件は高級物件が多く、一人暮らし向けではありません。
また、保証人を立てたり、必要な書類も多いので、わずらわしいといった面もありあまりおすすめはしません。

トラブルに合わないための家の選び方

これまで家の探し方をお伝えしてきました。
いい家が見つかったから契約して早く住みたい!という気持ちを押さえて、まずはいろいろなポイントを確認しましょう。

というのもメキシコでは日本では考えられないくらい住居に関してトラブルがあるからです。

見た目や家賃の安さなどだけで判断し契約してしまうと、あとで痛い目を見ることがあります。

ですのでこの章ではトラブルに合わないための家の選び方、ポイントお伝えしていきます

1.治安

まずはメキシコで一番気を付けたいのはエリアです。

大前提として治安のよいエリアを選定しましょう。

その中でも、メキシコでは塀に囲まれて24時間体制で警備がなされてるフラクショナシミエントという高級住宅街があります。
こちらでは費用は高くなりますがその分セキュリティ面も高く日本人駐在員に人気の住居形態です。

そこまで費用はかけたくないという方は希望の物件の近辺での治安や雰囲気を確認し、実際そこに住んでいる方へ聞いてみたりするのもいいでしょう。

希望の物件が比較的安全でも何ブロック先のあそこはこの前泥棒が出た、あまり治安がよくないなどの情報を教えてくれたりします。まずは事前情報を集めて判断材料にしてみてください。
メキシコは治安の差がすごいため、エリア選定はかなり大事ですので慎重に選ぶようにしましょう。

2.部屋の種類

部屋の種類は日本と同様一軒家、ワンルームマンション、シェアハウスなどがあります。

この中ではシェアハウスがおすすめで、比較的家賃も安く、光熱費の手続きもすでに終わっており、家具付きの物件、光熱費も家賃に含まれてる場合も多くいろいろな負担が少ないことが多いのでサクっと住めるのでおすすめです。

エリアにも寄りますが平均的に安くて3000ペソ程度くらいから住める所が多いです。

家賃に掃除代も含まれてる所も多く、毎週家政婦さんが部屋や共用部を掃除してくれるので手間もなくなるの点もいいいためあまり慣れていない方へはおすすめです。

3.入居前の確認事項

エリア、希望物件が決まったら入居前に以下の点を確認しましょう。
責任範囲があいまいな場合後日トラブルがあった際に大家さんから請求書が届いたなんて事態にも発展しかねないので事前にチェックしておきましょう。

いろいろありますが、まずは光熱費の支払いは家賃に含まれてるのか。

清掃はしてくれるのか、その場合費用は発生するのか

Wi-Fiつきとうたっていても電波が弱く使えなかったりすることもあるので事前に確認。
新規設置の場合の費用は大家さんが持ってくれるのかも確認しましょう。

シャワーのお湯が出ないこともメキシコでは日常茶飯事です。
ほとんどが給湯器の故障等などが原因のことが多いので事前に確認し、使えなかったら入居前までに修理してもらうように伝えましょう。

また、高地では水圧の関係でシャワーの水がチョロチョロしか出ない家も多くあるので、入居後にがっかりしないためにも内覧時に確認しましょう。

また、ゴミ出しの日が決まっているのでそういったことも大家さんに聞いておいた方がいいでしょう。

また、最低入居期間の有無について。
メキシコでは基本的に1年間での契約とする所が多いので、その前に退去となると違約金が発生する場合があります。そういったことがないように事前に確認しましょう。

大家さんによってさまざまですが、保障人を求められる場合もあります。日本と同様敷金として一ヵ月分と初月家賃を合わせた金額を支払うのが一般的です。

その場合は退去時の返金の条件についても聞いておきましょう。

入居前にすでに不備のある部分は責任範囲があいまいになる場合があるので不安な所が写真に取って証拠として保管しておきましょう。

まれ不備を指摘されて請求される場合があるのできちと対応できるようにしておきましょう。

ここまでやって不備がなければ契約オッケーです!

トラブルにまきこまれないためにも以上の点を注意して確認してみてください。

まとめ

これまでメキシコの家探しの注意点とポイントをお伝えしてきました。

メキシコでの部屋探しは日本と異なることは多いですが、実際自分の足で歩いて、自分の目で見て、不明な点がないよう家主ときちんと確認することを心がけて、ぜひあなたにぴったりの部屋を見つけてくださいね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

Instagramで夫婦のメキシコでの日常を投稿しているのでよかったフォローもよろしくお願いします☆